お金を渡して性的なサービスを受けること

テレクラでできることを理解しよう

テレクラは女性から電話がかかってきて、仲良くなればデートができます。
ただ会話を楽しんだり、どこかへお出かけに行ったりするなら良いですが、本番行為をする時は少し注意が必要です。
お金を渡して本番行為をしたら、売春禁止法を違反したことになります。
女性と出会いを求めるのは良いですが、本番行為をすることが目的にならないでください。

お互いが親しい関係になってから、合意の上で本番行為するのは自由です。
お金を支払うことが禁止されていると、理解しましょう。
誰にも知られなければ良いと考えて、安易にお金を女性に渡してしまう男性がいます。
ですが警察はすぐに気付くので、逮捕されるでしょう。
自分の信頼が低下する原因になります。

女性から誘われても拒否しよう

お金を儲けることを目的にして、テレクラを使う女性が見られます。
その女性から電話がかかってきて、お金を支払えば本番行為をしても良いと言われることがあるでしょうが、犯罪なので拒否してください。
売春禁止法では、どちらが誘ったのかという部分は重要視されません。
ですから女性から誘われたと言っても、お金を渡せば法律違反になります。

売春禁止法のことを知らないと、女性から誘われたら良いと思って交渉に応じてしまう男性がいます。
知らなくても刑罰を受けるので、テレクラを利用する前に詳しく売春禁止法のことを理解しておきましょう。
正しい知識を持ってからテレクラを使えば、法律を違反することはありません。
安心して女性と出会えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る